2006年11月16日

そのノートに

名前を書かれた人間は、死ぬ。
最後に名前を書かれるのは、誰だ?

あ〜、気になってしまって観に行ってしまいました!
「DEATH NOTE - the Last name」

面白かったですよ〜!
原作は今読んでいるところですが、原作とは違った展開、終結で楽しめます!
デスノートってせいぜいノートを巡っての、いわゆるジャンプ的格闘モノとばっかり思っていて全然興味が無かったのですが、予想を全く覆す面白さ!
こういう心理戦ミステリー作品って大好きなのです。
全然ジャンルは違うけど、大好きな小説家・北村薫氏の小説「盤上の敵」を思い出しました。
観てる方、読む方も、誰が敵で味方なのか、騙し騙されの目まぐるしい展開、騙し合いの心理戦、大好きな要素満載です。
キャラクターではいろんな意味でキレているLが一番好きです。

あぁ、もしやデスノートのように拾って来たイソにも、何かとんでもない隠された秘密なんかが・・・

20061116_marked.jpg
ご期待には残念ですが、何もニャい!
そんなことより、おっぴろげグルーミング!
(KEITAI au W31S)
posted by 緑ドンケ at 15:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。