2007年09月26日

夜のアクアリウム

夜は少し冷えるのか、光の側でひっそり。
電灯の光と、レンズ開放の独特の被写界深度が生み出す夜猫写のディテール。
水草のような植物が、夜のアクアリウムを作り出す。

20070926_marked.jpg
(LEICA M3 + SUMMICRON 5cm)
posted by 緑ドンケ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月25日

芋掘り&バーベキュー!

先日、ばんさん主催の芋掘り&バーベキューに参加させて頂きました!
すごく楽しい一日で、芋掘りは楽しいし、バーベキューは美味しい!
そして猫写も満喫な最高の一日でした〜

200709251_marked.jpg
豊作!豊作!
楽しいぞ!芋掘り!

美味しかったバーベキューは、火を熾すのと肉を焼くのに夢中で写真を撮ってなかった・・・

そして、猫写!

200709252_marked.jpg
予想外(!?)に美形な平太ジュニア!
うのちゃん!!!
可愛い!耳デカイ!
車の下でまったりしていたところで、ちょっとおねむな表情。
そして、父親・平太は・・・
なんか男前になっていた!

200709253_marked.jpg
(MINOLTA X-70 + MD ROKKOR 135mm)
優しい表情の平太。
工場の静かな日だまりでのひととき。

この日に持って行ったカメラ。
それはミノルタの古いマニュアルカメラでX-70と言うモデル。
実は先日写真展を開催させて頂いておりました平岡珈琲店の店長様から
譲って頂いたもの。
本体の他、レンズも数本頂いたのですがその中で気に入ったのが135mmレンズ。
F3.5のいわゆるスタンダードレンズなんですが、レンズ径が49mmと非常にコンパクトで標準レンズを付けているような軽快さがすごく使いやすい!
この日は135mm一本勝負。
望遠は普段使わないので新鮮で楽しかったです。
X-70と使い勝手の良い135mmの組み合わせは猫写に良い感じ!!!

200709254_marked.jpg
(OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL35mm F3.5 Macro)
奇麗に磨いて、モルトを張り替えて、蘇ったX-70!
posted by 緑ドンケ at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月14日

ポラネタ・パート2

ピント合わせが出来るポラロイドカメラで一番に思い浮かぶSX-70。
ずっと憧れのカメラでいつかは欲しいと思いながら、先日ついPOLAROID 185を買ってしまいました。
そんな憧れのSX-70を先日kitagawaさんにお借りさせて頂き初めて手に取って使ってみました!!!
ありがとう!kitagawaさん!

ほんとこれほど夢のあるカメラは無いです!
おぉ〜!これがアラジン・SX-70か!!!
変形するギミックがカッコいい!
すごい〜!感動!

しかも今はもう無いSX-70フィルムまで使わせて頂きました!
独特な青緑な発色。
外で撮ったらすごく青くて、室内で撮ったら結構普通の色で撮れました。
これってタングステンフィルムと同じですね〜

それにしてもポラロイドカメラを作ったランド博士の発想はすごいな〜
娘の「なんで写真はすぐに見れないの?」の一言から、こんなカメラ、フィルムを考え出すなんて!
今みたいにデジタル技術が進んでない時代ならではの、フィルム内で化学反応起こしてプリントまで完成させるって強引な力技的発想がすごい!
デジカメとかデジタル技術って多くがアナログの模倣、最適化であって、オリジナルな発想ではないです。
でもポラロイドカメラの独自の発想はオリジナルであり、またデジタルでは模倣できない(しても意味が無い)曖昧さ・不確定さが面白い!
ぜひポラロイド社にはコンパクトデジカメよりもSX-70を再び作ってもらいたいものです。

200709146_marked.jpg
こんな箱が・・・

200709145_marked.jpg
カメラに変形!
「アラジンと魔法のランプ」の様に夢のあるカメラ。
通称・アラジン、SX-70!

200709144_marked.jpg
レトロフューチャーな顔つき。

200709143_marked.jpg
なんか嬉しくて、ポラロイド全員集合!写真。
(OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL14-54mm F2.8-3.5)


200709141_marked.jpg
ダメポラ(失敗写真)と思っていたけど、見直してるとピントのハズレ感が逆にユルさを倍増してて気に入ってきたちょっと前の写真。
ユニがまだ子猫やぁ〜
なんか宇宙人っぽい?
(POLAROID 640)

200709142_marked.jpg
SX-70で撮った今日のユニ。
寝顔がオヤジっぽく(いや、男っぽく)なってきた。
ファインダーが大きくピントが合わせやすい。
しかもかなり近寄れるSX-70は非常に使いやすい。
ただ解放F8のレンズでISO150相当のフィルムなんで室内撮影はシャッター速度が2、4秒程になりつらい・・・
(POLAROID SX-70)
posted by 緑ドンケ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月10日

か、買ってしまった・・・

物欲ネタの前に大切なことを!
平岡珈琲店猫写真展2に足を運んで下さったみなさん、本当にありがとうございました!
感想ノートにもたくさんのメッセージをいただけて本当に嬉しかったです。
二十三人二十三様の猫と写真への気持ちが少しでも多くの方に伝わればと思います。
秋にはまた講座メンバーで色々な写真展、そして近々発表予定の新企画写真展があります!
乞うご期待!!!

200709105_marked.jpg
すごく楽しかった!
平岡珈琲店様、本当にお世話になりました。

200709104_marked.jpg
代表してユニが挨拶。
「本当にありがとうございました!」
ぺこり、とお辞儀。
(・・・下におもちゃが見えてる!?)


そして・・・
物欲とは尽きないものですね・・・
買ってしまいました、カメラを・・・

この時期に買うと言えば!
そうキヤノン40D!!!
ついにキヤノン部です!!!
・・・ってのは違ってて、実は買ってしまいました!
ニコンD300!!!
・・・ってのも違ってて。

実は実は、買ってしまいました!
ポラロイドカメラ!
今時ポラロイド〜!?と思うかもしれませんが、今時ポラロイドを買ってしまいました!
しかもSX-70とかではなく、蛇腹のポラロイド。
ポラロイド180の復刻版、ポラロイド185を購入です!

200709103_marked.jpg

200709102_marked.jpg
(OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL35mm F3.5 Macro)

前からちゃんとフォーカスが合わせられるポラロイドが欲しかったのです。
ボックスタイプの640は明暗しかコントロールできないし、ピンホールに至ってはレンズなんかなくて穴があいてるだけですもんね〜
ちゃんとレンズが付いていてフォーカスが調整できるポラロイド。
ぱっと思い浮かぶのはアラジン・SX-70ですが、さらに希望として自己現像フィルムではなくピールアパートフィルムの方が使いたかったのです。
こうなってくると選択肢はかなり限られます。
そんな中、ずっと前から気にしていた185の中古を運良く(いや運悪く?)見つけてしまい、見過ごせずに購入。
あぁ、物欲とは自分のためにある言葉です・・・

早速、テスト撮り。
レンジファインダーの二重残像がライカほど鮮明ではないので、なかなかピント合わせにはコツがいりますが面白い!
下の写真はシャッターチャージを2回してしまった多重露光写真です。
狙ったのではなく、ただ使い慣れてなくての2回シャッターチャージ。
狙ってもここまで上手く幽体離脱の様に重ねるのは難しいかも。
色はポラロイドっぽい淡い仕上がり。
カリッとピントはこないし、ディテールも甘いのだけど、印象派的あいまいさが唯一無二の存在。

200709101_marked.jpg
(POLAROID 185)
posted by 緑ドンケ at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月07日

脱・きよし師匠顔

200709072_marked.jpg
イソ〜、知ってるかぁ?
今、平コーさんでやってる猫写真展でめっちゃ可愛い写真が展示されてるねん。
りょう吉さんの写真でタイトルは「ビッケ」
めっちゃ黒目が可愛いねん!
丸い目が可愛いねん!
イソもたまには「きよし師匠顔」じゃなくて可愛いのやってみーへんか?

いくでぇ〜
撮るでぇ〜

200709071_marked.jpg
決め顔ニャ。
(OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL35mm F3.5 Macro)


☆平岡珈琲店猫写真展2☆
-23人が写す街の猫・家の猫-
9月8日(土)最終日!!!
8時から13時までです!
急げぇ〜!!!!!
posted by 緑ドンケ at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

緑ドンケ

ハンドルネームの「緑ドンケ」
このブログにも「ドンケ」って検索で辿り着いているケースが結構多いようです。
ドンケで検索したのに猫写真ばっかりかよ〜ってお嘆きの方へ、鞄・ドンケの写真を。

200709061_marked.jpg
これは現在愛用中の二代目緑ドンケ鞄・F-802。
初めはF-5XBを使っていました。
昔は猫写はしていなくて、F-5XBにロモと財布や携帯を入れて街スナップを楽しんでいました。
しかし、猫写、カメラにハマって行きカメラがロモからライカになり、最近ではデジカメも持ち歩くことが多くなりました。
そうなるとF-5XBでは小さ過ぎて入りきらないため、現在のF-802を購入。
本当はデザインではF-3Xが好きなのですが、A4サイズ書類が折らずに入ることとショルダーだけではなくしっかりと手で持ちやすいのでF-802を選択。
ドンケってほとんど保護クッション材は付いてないのであまりカメラバッグとしての機能はどうかと思いますが、カメラ・写真をやってるからこそ持てるバッグかなとも思い愛用。
帆布なのでガシガシ洗えるのと、くたびれ感がお気に入り。

ちなみにこの鞄の色はカタログで「緑・グリーン」ではなく「オリーブ」と記載されています。
ハンドルネームを「オリーブドンケ」としていたら今頃は「曇家オリーブ」になっていたはず・・・

(ちょこっと補足:
「緑ドンケ」を逆さまにして「ドンケ緑」
「ドンケ」をテキトーに変換して「曇家」
それで最終的に「曇家みどり・クモリヤミドリ」の名前が誕生しました)

そして我が家にはもう一人、ドンケの愛用者が・・・

200709062_marked.jpg
結構良い感じのフィット感ですニャ。
え!?使い方間違ってる??
(OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL14-54mm F2.8-3.5)
posted by 緑ドンケ at 02:42| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月03日

夜はカラフル

夜の写真って「暗い」イメージがあるかもしれないけど、ある意味夜は非常にカラフルな時間帯。
黒のバックに光の色が際立つ。
個人的な印象は、昔子供の頃にやった画用紙に色鉛筆でカラフルなベースを作って黒のクレヨンで真っ黒に塗りつぶす。
それを尖ったもので削って描く線画のイメージ。
黒だからこそ引き立つカラフルさが面白い。
そんな夜猫写が楽しい!

20070903_marked.jpg
木のベンチのしっとりした色がお気に入り。
(LEICA M3 + SUMMICRON 5cm)
posted by 緑ドンケ at 01:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月02日

もう九月ですね〜

今年はなんとなく秋の気配が早く感じられますね。
蝉がすごく多い8月初旬だったけど、いなくなるのもすごく早かったような。
蝉と共に夏が去った気分。
でも残暑はそんなに甘くないか!?

そんな少し秋っぽくなった日射しの中。

200709013_marked.jpg
イソはお気に入りの隙間でまったり。

200709012_marked.jpg
ユニは横顔キラリ☆
(ちなみに、もずくは寝室で爆睡中)
(OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL14-54mm F2.8-3.5)


9月に突入し、平岡珈琲店猫写真展2も残りわずかな期間!
9月8日が最終です!
ぜひぜひ、美味しいコーヒー&ドーナツと猫写真をお楽しみいただければ幸いです。
ちなみに今回、緑ドンケ=曇家みどりの展示作品はこれ!

200709011_marked.jpg
(LEICA M3 + COLOR-SKOPAR 21mm)
逆光の猫シルエットです。
太陽の白と、空の青と、影の黒しかありません。
逆光の猫の姿は厳しい生き様を表しているようでもあり、後光の様に凛々しくもある。
イラスト的なシンプルな色と形を楽しんでもらえればと思います。
posted by 緑ドンケ at 00:03| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。