2008年01月10日

忘れてしまいそうなくらい

フィルムカメラ使ってません。
メインで使っているフィルムカメラ・ライカM3はフォーカスから露出まですべてマニュアル操作。
特に露出は露出計も入っていないのでいつも勘で露出を決めて撮ります。
この露出を考えて、シャッタースピードと絞りを組み合わせるのがマニュアルカメラ一番の楽しみ!
古いマニュアルカメラで一般的に一番敬遠されるポイントが露出計の無い所ですが、これが潔くて意外といいものなんです〜
デジカメに慣れるとファインダーやモニターに色々と数値がないと寂しい時もありますが、このな〜んにも無いただのファインダーが良いものなんです。
マニュアル露出に慣れてると、AEの露出補正ってのがなんかしっくりこないのです。
なんとなく二度手間的な、カメラの便利機能に振り回されていると言うか・・・
なのでGRはAEも使いますが、マイモード登録機能でISO400固定・マニュアル露出でいつものマニュアルカメラと同じ感覚で使えるようにもしています。

今日の写真は今年初めて現像に出したもの。
しかし写っていたのは猫だまり直後の11月初旬のもの。
それ以降全く使ってなかった・・・
でも今、自分の中のカメラ波がモノクロに来てるのでこれからはモノクロフィルム撮影が多くなるかも〜

200801101_marked.jpg
ストーブの前でとろ〜んとしてるユニ。
色味が黄色いのはデイライトフィルムを室内で使っているのもありますが・・・やはり放置し過ぎの劣化?
でもこんな色味も悪くないかぁとスキャンのまま補正せず。
シャープでなく甘くしか写らない、データが劣化する。
これはフィルムカメラの欠点ではなく、もはやアイデンティティだと思います。
(LEICA M3 + SUMMICRON 5cm)
posted by 緑ドンケ at 23:04| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。