2006年01月20日

One More Red Nightmare

今日もまたもやびっくりニュース。
まずはBADニュース。
コニカミノルタがカメラ事業から完全撤退!
フィルム事業だけではなくデジタルカメラ事業からも撤退というのがさらに驚き。
αマウントの新しいデジ一はソニーが作るらしいけど、現在のαシリーズの販売を継続するのではないので名器α7も、α7デジタルももう終わりってこと。
αマウントでもソニーブランドならたぶん「サイバーショット」なんでしょう・・・
ミノルタのカメラに対する技術力・独創性がここで終わってしまうのは非常に残念。
ミノルタとライカでもう一度CLのような名器を作ってほしい。
あわせてミニラボ事業も無くなるみたいで、お気に入りの写真屋さんのプリント機がコニミノなんだけどどうなるのか非常に気がかり。
・・・閉店しないよね???

次は良い方。
カールツァイスがニコンマウントのレンズを発表!
ニコンが実質のフィルムカメラから撤退を発表したと思えば、今度はカールツァイスがマニュアル機向けレンズを作るとは・・・
ニコンマウントならアダプターでキヤノンにも付けれると思うので結構売れるのでは?

ミノルタ、コニカなどカメラ業界から無くなる名門もあれば、カールツァイスのようにツァイスイコンを復活させたり新作レンズ発表と活発な名門もあり。
最新技術モノも好きだけど、光学技術(ミノルタ・ペンタックス・オリンパスなどの)がデジタル・家電メーカーの利益競争のコマとして使われてる感じがしてなんか嫌。
企業は利益を求めるのは正しい姿勢だけど・・・
ほんとに写真やカメラを好きでいてくれているのか???

200601202_signed.jpg
写真、カメラに花束を。
(LEICA M3)
posted by 緑ドンケ at 00:38| Comment(6) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コニカミノルタユーザーとしてはショックですよ〜涙
それに、ライツミノルタCLを買おうか考えていた矢先なのでダブルショック!
あの淡い感じがでるフィルムがなくなるなんて悲しいです。アグファもだし、個性的なのが無くなっていきますね・・・。
Posted by さとる at 2006年01月23日 13:53
さとるさん
ほんとミノルタのカメラが無くなるのは寂しいです。
良いカメラ作ってるのにな〜
CL買う予定だったのですか!?
ミノルタCLE(AE搭載モデル)ではなくライツミノルタCLならば、ライカの修理してくれるところなら露出計以外はまだまだ修理可能ですよ。
このへんは機械式カメラの強み。
さとるさんもマニアックなカメラ好きですね〜
コニミノ撤退ニュースの日、前から使ってみたかったSINBIを10本買いました!
AGFAの時みたいに店頭から無くなるかなと思って。
でもまだSINBIはいっぱい売ってました〜
コニカフィルムよりミノルタカメラの方が品薄みたいですね。
Posted by 緑ドンケ at 2006年01月25日 00:56
さとるです。
珍しくていいカメラを探してたらライツミノルタCLに行き着いただけですよー。
今週末から近鉄阿倍野で中古カメラ祭りをやるようですね。
初日は残念ながら行けないのですがチェックしてみようと思ってます。
Posted by さとる at 2006年01月27日 11:29
さとるさん
中古カメラ祭りは行きましたか?
こちらは講座帰りにみんなで行きました!
ポラロイドSX-70がずっと欲しいのだけど・・・我慢。
人気あるから状態良いのは結構高くなってきてますね〜
インダスター50mmって言うロシア製のレンズがかなり欲しかったのですが良いのが見つからず残念。
物欲は尽きません!!!
Posted by 緑ドンケ at 2006年02月01日 20:41
80年代α7000で一世風靡したことも撤退してしまう今回の姿勢から思えば、ピント合せがいらないなんていう素人向けの進化だったといえませんか。そういう企業の方向性が、今回の撤退につながったと思います。蓋が自動開閉する便器みたいなものかな。つまり、結局クラフツマンシップとしてはニコンやキャノンのような本物志向でなかったということでしょうか。今、α7000とF3を並べてみると、安っぽいおもちゃのようですよ。
Posted by α7000 at 2006年03月10日 17:05
α7000さん
カメラの(企業が仕向けた)進化は正しかったのかどうかは難しいですよね。
報道やコマーシャリズムの分野では、機械に結果が左右されにくい進化したカメラは有力なものと思えます。
でもアーティスティックな分野になると進化したカメラの機能の大半は無意味と思います。(正に蓋が自動開閉する便器みたいに)
自分で制御したいこと、できること以上を勝手にされるのが個人的には嫌です。
カメラメーカーの撤退はとにかく寂しいですね。
いろんなメーカーがしのぎあってる方がメーカーのクラフトマンシップも向上につながるような・・・
物として所有して嬉しいカメラが、最近のカメラでは無いですよね〜
Posted by 緑ドンケ at 2006年03月12日 20:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

超珍品 ニコンF2 ブロンズ仕上げ貯金箱 nikon
Excerpt: 1978年7月 製作ヨドバシカメラ、贈呈新宿西口ヨドバシカメラと書いてあります。その頃にニコンF2(FEだったかも)を購入した時に、記念に頂いた物です。サイズは実寸のようで、構えてみてもどっしりしてい..
Weblog: 煙草入れとブリキの車とコレクション
Tracked: 2006-02-02 10:27
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。