2006年04月12日

行ってきました〜!

アンリ・カルティエ=ブレッソン展!
まずはなんといっても411点の大ボリューム!
いやぁ〜集中してみてるとかなり疲れます。
でも大満足!
35ミリフィルムに広げられる色々なシーン。
決定的瞬間なんだけどその瞬間の前後がイメージできそうなところが面白い。

カラーも無い、動かない一枚のシーン。
情報を伝えるには足りないことだらけのモノクロ写真は、見る側のイメージを移入することで色々な解釈出来るところが面白く、奥深い。

プリントも展示方法も、いろんな写真展を見ることはいろんな勉強になって楽しい!

20060412_signed.jpg
図録も大ボリューム!
猫が写ってる写真が、これまた素敵なんですよ〜
(KEITAI au W31S)
posted by 緑ドンケ at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。