2007年02月16日

そろそろ

日中は暖かくなってきたかな?
先日は春一番だったらしく、本格的外猫写シーズン到来間近?
そんな中、先日見つけた悲しいニュース。
発表されてから今まで気付かなかったという話題性の低さも、一般的な需要の低さを物語っているのかな〜
悲しいニュース、それはポラロイド80シリーズフィルムの販売終了。
これはかなりショッキング!
SX-70フィルムもショックだったけど、これはまだ600フィルムという代わりが存在する。
しかし80シリーズには代わりはありません。
つまり80シリーズフィルムを使うカメラはもう使えなくなります。
(最近の代表的なところではポラロイドピンホールやポラホルガ)
なんか35mmフィルムの行く末の縮図を見たようです。
ポラロイド社もそんなに大きく扱っていないし、サイトに「在庫が無くなり次第終了」となっているのを見て悲しくなりました。
色々情報を調べたところ、日本ポラロイドでの販売は終了ですが「A-POWER」さんのサイトでは当分購入できるらしい。

それでも一般量販店では購入できない不便さと先行きの不透明さは無くなりません。
80フィルム独特の色のべったりした独特の湿度感、発色、そしてフィルムの香り。
それらが失われて行くとはほんと悲しいです。

ピンホールは晴れた日にと思っていたのですが、強行して撮った「雨の港」写真の発色がすごく気に入っていて、雨を撮るならピンホールと80フィルムやな〜とか思っていました。
雨の港のピンホール写真を少しずつ撮っていきたいなと思っていただけに残念。
雨の港写真&80フィルム

手元にはストックの88フィルムがあってこれはエマルジョントランスファーやイメージトランスファーに挑戦と思っていましたが、それらのチャレンジも今後なかなかお気楽には出来なくなってしまったな〜
近々600フィルム、というかポラロイドの存在自体、デジカメに消されそうで怖い・・・
とりあえず80フィルム、復活しないのかな〜
ポラロイド社から一種類でいいから出すか、いっそのことフジからとか。

こうなってくると、なんか逆に使えるうちにフィルムを使っとかねば!と思えて来ました。
これからもガンガンとライカでフィルムを使ってやる〜
だからフジ、コダック、イルフォード。
お願いだからモノクロフィルム作って下さい。

200702161_marked.jpg
木の根の上で、渋く決めるニャ。

200702162_marked.jpg
そこのシマシマしたヤツ〜!(←もずく母さん
ちゃんと撮ってくれニャ!
(LEICA M3 + SUMMICRON 5cm)
posted by 緑ドンケ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/33849346

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。