2007年09月14日

ポラネタ・パート2

ピント合わせが出来るポラロイドカメラで一番に思い浮かぶSX-70。
ずっと憧れのカメラでいつかは欲しいと思いながら、先日ついPOLAROID 185を買ってしまいました。
そんな憧れのSX-70を先日kitagawaさんにお借りさせて頂き初めて手に取って使ってみました!!!
ありがとう!kitagawaさん!

ほんとこれほど夢のあるカメラは無いです!
おぉ〜!これがアラジン・SX-70か!!!
変形するギミックがカッコいい!
すごい〜!感動!

しかも今はもう無いSX-70フィルムまで使わせて頂きました!
独特な青緑な発色。
外で撮ったらすごく青くて、室内で撮ったら結構普通の色で撮れました。
これってタングステンフィルムと同じですね〜

それにしてもポラロイドカメラを作ったランド博士の発想はすごいな〜
娘の「なんで写真はすぐに見れないの?」の一言から、こんなカメラ、フィルムを考え出すなんて!
今みたいにデジタル技術が進んでない時代ならではの、フィルム内で化学反応起こしてプリントまで完成させるって強引な力技的発想がすごい!
デジカメとかデジタル技術って多くがアナログの模倣、最適化であって、オリジナルな発想ではないです。
でもポラロイドカメラの独自の発想はオリジナルであり、またデジタルでは模倣できない(しても意味が無い)曖昧さ・不確定さが面白い!
ぜひポラロイド社にはコンパクトデジカメよりもSX-70を再び作ってもらいたいものです。

200709146_marked.jpg
こんな箱が・・・

200709145_marked.jpg
カメラに変形!
「アラジンと魔法のランプ」の様に夢のあるカメラ。
通称・アラジン、SX-70!

200709144_marked.jpg
レトロフューチャーな顔つき。

200709143_marked.jpg
なんか嬉しくて、ポラロイド全員集合!写真。
(OLYMPUS E-330 + ZUIKO DIGITAL14-54mm F2.8-3.5)


200709141_marked.jpg
ダメポラ(失敗写真)と思っていたけど、見直してるとピントのハズレ感が逆にユルさを倍増してて気に入ってきたちょっと前の写真。
ユニがまだ子猫やぁ〜
なんか宇宙人っぽい?
(POLAROID 640)

200709142_marked.jpg
SX-70で撮った今日のユニ。
寝顔がオヤジっぽく(いや、男っぽく)なってきた。
ファインダーが大きくピントが合わせやすい。
しかもかなり近寄れるSX-70は非常に使いやすい。
ただ解放F8のレンズでISO150相当のフィルムなんで室内撮影はシャッター速度が2、4秒程になりつらい・・・
(POLAROID SX-70)
posted by 緑ドンケ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55387534

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。