2008年01月16日

また、忘れてしまいそうなくらい

ポラロイドも使っていませんでした。

久々にポラロイドのサイト見たら、なんと600フィルム(ほんといわゆる一般的なポラロイドフィルム)を使うカメラ本体が販売終了になっていた〜!!!
もうポラロイドカメラは新作はでないの!?
かなりショック!
フラッシュのオフ/オンが切り替え出来て、原始的でいいのでフォーカスが出来る機種があればもっとカメラ本体も売れると思うのだけど・・・
でも!
もう一つビックリ記事が!
それはポラロイドがインクの要らないクレジットカードサイズのプリンターを発表!
『ZINK™Zero Ink™ (ゼロインク) 』技術と言うもので、紙は専用紙を使ういわゆる熱転写プリンターみたい。
簡単に言うとスーパーのレジレシートのフルカラー版みたいなもの。
どうも最終的にはデジカメ+ゼロインクプリンターの複合機=新世代ポラロイドカメラとなるみたいです。
コストは今までのフィルムタイプより安くなるみたいで、なんと言っても今までのポラと違って失敗写真のプリントが無いのは便利。
デジなんで必要な写真だけプリントアウトするので。
デジタル製品だけど発想の根本がいかにもポラロイド的アナログ感があって面白い〜
どんな製品が出るのか楽しみです!
奇麗なプリントが売りなのだとは思うけど、ポラロイドファンとしてはちょっと味のあるプリントになってくれれば嬉しいなぁ〜
あと、ポラロイドフィルムの販売は続けて欲しい・・・

で、久々にポラロイドカメラ使いました。
先日、ばんさんちに遊びにお邪魔した時の一枚。
平太を撮影したのですが・・・

pola011_marked.jpg
炎に立ち向かう平太!?
・・・いや、フィルムが思いっきり光線漏れです。
カメラにフィルムセットしたままほったらかしにしていたので。
でも、うまく平太を除けての光線漏れでなんかホルガチックな写真に仕上がり結構こんなノリも好きです。
(POLAROID 185)
posted by 緑ドンケ at 22:07| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
わ!ビックリしたぁ^^
一瞬、本当に炎に立ち向かっているのかと思いました・・・^^;
光線漏れが上手く平太君を避けて撮れたのですね。
でも、まさに立ち向かおうとしてる、絶妙なタイミングで写っているのがいいですね。
偶然とは言え、凄い一枚ですね。
Posted by ケン at 2008年01月17日 15:16
カメハメ波〜
みたいだなあ、と思いました。
Posted by kahiro at 2008年01月18日 15:08
ポラロイドカメラってなくなってしまったんですかー。
つい最近、ポラロイド・スペクトラを捨てましたよ…
何かおまけでも付けてドンケさんに強引に引き取ってもらおうか
なんてことも頭をよぎったんですが
かっこいいデザインでもないし、こんなもんもらっても迷惑なだけやわな〜
とゴミに出しました。
Posted by ごとー at 2008年01月21日 23:48
ケンさん
うまく平太の進行方向に光線漏れが出来たのが運がよかったです。
平太は雑草に突進する直前で飛び出すのをためている所なんです。
トイカメラ系は偶然の失敗をポジティブにとらえられるところが良い所です〜

kahiroさん
た、確かに〜!(^^;
悟空を合成したいところです!

ごとーさん
いわゆるポラフィルムを使うポラロイドカメラは無くなってしまいそうな感じです。
スペクトラはスペクトラフィルムってサイズが絶妙に大きいので今後はかなり入手困難なフィルムになるかな?
ちなみに今使っているPOLAROID 640ってカメラは実家の押し入れに眠っていて、捨てる直前で拾いました。
自分もあんまり興味が無かったカメラだったけど、ふと引き取ったのは運命的です〜
Posted by 緑ドンケ at 2008年01月22日 00:59
こんにちは。
ポラロイドは、写真がベローンと出るのですよね?昔から、カメラをあまり手にする機会がなかったので、撮ってすぐ見られるポラロイドは
すごいと思えました。
さすがに世の中が、デジカメになると
ポラフィルム?も出番がなくなるんでしょうか。
ファンが多いでしょうから、
ポラロイドもなくならないでほしいですね。
(光の印象が強かったので、コメントへの
感想があとになってしまいました)

図書館で、トイ・カメラ?の本を見かけました。
ある番組でも、子供の頃に買った、
子供用のカメラをもう一度使ってみたい、
というのがあって、
写真屋さんで、少しだけ残っていた
フィルムで撮ったのを見ました。
Posted by kahiro at 2008年01月22日 14:58
kahiroさん
子供の頃、家にあったポラロイドカメラで家族写真とか撮ったような記憶は薄らあるのですが、まさか大人になってからポラロイドにハマるとは思っても見ませんでした。
デジカメでポラロイドの立場はかなり苦しいのですが、芸術的観点から独特の描写なポラロイドは生き残って欲しいものです。
ポラロイドは、カメラでも無く写真でも無く、もうポラロイドと言うジャンルです。
少し落ち着きましたがトイカメラブームはまだ続いているようですね〜
自分も写真にハマったのはトイカメラが切っ掛けです。
トイカメ、子供用カメラとかって独特な写りが面白いですよ〜
ちゃんと細部まで写したい時には役立たずですが・・・
写真は多少写りきらないほうが「写真」って気がします。
Posted by 緑ドンケ at 2008年01月27日 21:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。